通信制高校から大学に行った

通信制高校だったので、自分のペースで続けることができた

通信制高校から大学に進学しました | 通信制高校だったので、自分のペースで続けることができた

全日制の高校ならば毎日予習や復習、宿題とやるべきことが多いので、私が通っていたら途中で挫折していたと思います。
通信制高校だったので、自分のペースで続けることができました。
たまに学校で会うクラスメートは、私をいじめることはなかったので学校内の付き合いでしたが良好な関係を築いていました。
大学に行きたいことを話した時も応援してくれました。
クラスの中で私しか大学受験を考えている人はいませんでしたが、先生に相談することで進路の疑問や不安を解消しました。
心理学に興味があったので、心理学を学べる大学を調べ自分の学力と照らし合わせました。
塾には通っていませんでしたが、学力を知るために塾で行われる模擬試験を何度か受けました。
先生に模擬試験の結果と候補の大学を伝え、志望校を変えるかどうかなど相談したこともあります。
進学を希望する生徒が少ない中で、私の進路を真剣に考えてくれた先生に今でも感謝しています。